トップページ >  育毛の基礎知識 >  プロペシア

プロペシアの効果、副作用

プロペシアは男性型脱毛症の治療薬として皮膚科や頭髪専門クリニックで処方される内服薬です。男性の薄毛のほとんどは男性ホルモンが関係しています。男性ホルモンは毛乳頭で特殊酵素5αリダクターゼの影響を受けてDHT(ジヒドロテストステロン)に変化します。

DHTは毛乳頭内に存在するレセプターと結合すると、脱毛因子をどんどん産生します。その結果、毛母細胞の分裂活動が抑制され、髪の毛は抜けてしまいます。プロペシアに含まれるフィナステリドが前頭部と頭頂部の2型5αリダクターゼを阻害することで、DHTが産生されるのを抑制。抜け毛を防止します。



プロペシアは男性型脱毛症のディフェンス治療の役割をし、脱毛を抑制し、薄毛の進行を防止します。プロペシアを服用後、6ヶ月後には約6割の服用者が抜け毛の改善を実感しています。ただ、プロペシアは抜け毛の進行を抑えるディフェンシブな治療です。髪の毛の成長の為には血液改善作用のある育毛剤などのオフェンシブな治療もカカせません。

プロペシアの副作用ですが、5%未満で性欲減退が報告されています。ただ、副作用は自覚症状で、日常生活に支障をきたすレベルではありません。プロペシアの服用を中止すれば、症状は改善する事がほとんどです。他に1%未満ですが、勃起機能不全の報告があります。

プロペシア服用の注意点ですが、女性の服用はできません。特に妊娠中の服用は胎児の生殖器官に影響を与える可能性があります。後は、前立腺がんの検診を行う際には、プロペシアの服用を伝える必要があります。


スタッフ体験レポート

人気の育毛剤を当サイトスタッフが徹底検証!体験レポートを紹介します。

体験レポートはコチラ