トップページ >  育毛の基礎知識 >  抜け毛の原因

抜け毛の原因を知り脱毛を抑制

抜け毛の原因は様々です。「気がつけば頭皮が透けていた」という方も多いと思います。
抜け毛になってしまう要因について紹介すると

1)男性ホルモン
多くの男性の薄毛は男性型脱毛症(AGA)。
男性ホルモンの分泌量は遺伝なども関係していますが、脱毛と直接の因果関係はありません。
男性ホルモンと還元酵素が結びついて発生するDHAが原因で毛髪の成長力が弱くなります。

2)ストレス
最近多いのがストレスによる薄毛です。
ストレスたまると自律神経のバランスが悪くなり、血行が悪くなります。
血行が悪くなると必要な栄養分が毛乳頭に送られずに抜け毛の原因になります。

3)紫外線
紫外線は主にシミの原因として有名ですが頭皮にも悪影響を及ぼします。
紫外線は頭皮にある皮脂を酸化させてしまう働きがあります。
皮脂が参加すると毛根の働きが弱くなってしまい脱毛を引き起こします。
さらに髪の毛のキューティクルにもダメージを与えてしまいます。

4)喫煙
タバコに含まれるニコチンは血管を収縮する作用があります。
その為、頭皮に必要な栄養分がしっかりと行き渡らなくなります。
さらに酸素を毛母細胞に届ける運搬力も低下するので毛髪の成長力は落ちてしまいます。

5)睡眠不足
睡眠は上の成長に欠かせません。
体が休んでいる寝ている間に毛根に栄養が届きやすくなります。
栄養がしっかり届くことで毛母細胞の働きが活発になり髪の毛は成長します。
睡眠時間が短いと成長ホルモンの分泌力が弱くなるなど、髪の毛の成長にマイナスです。

6)栄養
栄養の偏った食事をしていると抜け毛の原因になります。
髪の毛はタンパク質から出来ています。
過度なダイエットも栄養不足になり髪の毛の成長によくありません。

以上のように抜け毛、薄毛には様々な要因があります。これらの原因に対して対策していくことが育毛、発毛促進には欠かせません。

日々の生活の中で出来る改善はしっかり行い、育毛剤を使うことでしっかりと抜け毛対策をすることが毛髪の成長につながります。



スタッフ体験レポート

人気の育毛剤を当サイトスタッフが徹底検証!体験レポートを紹介します。

体験レポートはコチラ