トップページ >  育毛の基礎知識 >  ミノキシジル

ミノキシジルの効果について

ミノキシジルの効果は血管を拡張し、血流量を増やすことにあります。元々は血圧降下薬として、内服薬がアメリカでは使われていました。そうしたところ、この薬を飲んだ人たちに多毛症と呼ばれる症状が見られました。それから外用薬として研究がすすみ、アメリカではロゲインという名前で塗布するタイプが販売開始されました。日本では1999年にミノキシジル1%のリアップが販売開始に。10年後の2009年にミノキシジル5%のリアップX5が販売開始になりました。女性は顔の多毛症の懸念があるため、ミノキシジル1%タイプのみ使用可能です。



ミノキシジルは血流量を増やすことで栄養、酸素を毛乳頭に送る働きをします。さらに、毛乳頭にダイレクトに働きかけて細胞増殖因子の産生を促進する働きもあります。休止期にある髪の毛を成長期へ移行させることで髪の毛は成長し始めます。ミノキシジルには「ミノタブ」と呼ばれる内服薬も存在しますが、こちらは日本では未認可です。

リアップX5は60mlで7,400円です。第一類医薬品の為、薬剤師が常駐している薬局、DSで扱っています。それはミノキシジルは稀にですが副作用もあるためです。ほとんどは痒みや湿疹といった軽いもので、使用をやめれば治ります。ただ稀に血圧低下、頭痛、心拍数増加などの症状が報告されています。血圧降下薬としての働きもあるため、高血圧や低血圧の治療をしている方、狭心症などの心臓の病気になったことのある方の使用は控える事をおすすめします。


スタッフ体験レポート

人気の育毛剤を当サイトスタッフが徹底検証!体験レポートを紹介します。

体験レポートはコチラ