血流を改善する方法

薄毛対策と血流改善は切っても切れない関係です。血行不良はすなわり、栄養や酸素不足を引き起こし、毛髪の成長力を低下させてしまいます。ここでは血行不良の原因、対策について紹介します。



●血行不良の原因
・食生活
脂肪分の多いお肉や揚げ物、糖質の多いお菓子、スナック菓子などの食事は血中コレステロール値、血糖値、中性脂肪などを増加させます。その結果、血流が悪くなり、薄毛や生活習慣病などの原因になります。また、塩分のとり過ぎも血管にダメージを与え、高血圧の原因になります。

・運動不足、ストレス
運動不足は血液循環を悪化させるだけでなく、むくみなども引き起こします。年齢と共に筋肉量が減少すると、代謝も低下してしまいます。また、ストレスは自律神経の乱れ、ホルモンバランスの乱れなどを引き起こし、血行不良の原因にもなります。

・喫煙
喫煙は血管を収縮させる作用があります。さらに、活性酸素を発生させる作用などもあり、体にとってはマイナスでしかありません。血流改善には禁煙をおすすめします。特に糖尿や高血圧などの生活習慣病の恐れがある場合は禁煙する事が欠かせません。

●血流を改善する方法
・食事
血液の循環を良くするためには食事が非常に重要です。血流改善で有効な栄養に青魚があります。青魚に含まれるオメガ3には、血中コレステロール値を下げる作用があります。その他、食物繊維や納豆、玉ねぎなどにも血流改善作用があります。

その他、活性酸素を阻害する抗酸化作用のある栄養素も重要です。抗酸化作用のある栄養素には、ニンジンなどに含まれるβカロチン、レモンやイチゴに含まれるビタミンC、カボチャ、アーモンドなどに含まれるビタミンEなどがあります。さらに、トマトに含まれるリコピン、鮭に含まれるアスタキサンチン、緑茶に含まれるポリフェノールなども有効です。

・運動
血流改善にはウォーキングなどの有酸素運動が有効です。有酸素運動は肺活量を上げ、血液の循環を改善する作用があります。また、運動によって太ももなどの筋肉量が増えると、代謝もよくなります。

・睡眠、ストレス解消
睡眠不足やストレスは自律神経の乱れ、ホルモンの乱れの要因になります。その結果、血行不良や代謝の低下も引き起こします。睡眠中は成長ホルモンが生成され、肌細胞は活性化します。その為、6時間程度は睡眠を取ることをおすすめします。ストレスは交感神経を刺激し、活性酸素を増やして血行不良を引き起こします。しっかり睡眠を取りつつ、息抜きをシッカリと行うことをおすすめします。

育毛剤を使用する
育毛剤は頭皮の血流をピンポイントで改善します。育毛剤に含まれるセンブリエキス、ニンジンエキスなどは血管を拡張し、栄養や酸素の供給をサポートします。他に、ミノキシジルを配合したリアップにも強い血管拡張作用があります。育毛剤、リアップ等を使用することで、毛髪の成長が期待できます。

>>>育毛剤人気ランキング


スタッフ体験レポート

人気の育毛剤を当サイトスタッフが徹底検証!体験レポートを紹介します。

体験レポートはコチラ