トップページ >  育毛の基礎知識 >  育毛剤と育毛シャンプー

育毛シャンプーと育毛剤

抜け毛対策として育毛剤を使う場合、シャンプーについても気をつけたいところです。
育毛剤を使用する際に頭皮ケアをしないと育毛剤が浸透することができず、
毛乳頭に働きかけることができません。

1)育毛シャンプー
育毛シャンプーとはアミノ酸洗浄成分で頭皮を洗うシャンプーです。抜け毛、薄毛の原因のひとつ、頭皮の皮脂の分泌、炎症による毛穴詰まりを改善する働きがあります。
一般的に使われているシャンプーには石油系界面活性剤を使用しています。「ラウリル硫酸」「ラウレス硫酸」などの洗浄成分がシャンプーの容器に記載されているシャンプーは洗浄力が強く、頭皮を刺激してしまいます。抜け毛の多い頭皮は頭皮が敏感になっているのでフケやかゆみが出やすくなります。
特に乾燥肌、アレルギー、アトピーの方は頭皮に炎症が出やすいので、地肌に優しいアミノ酸シャンプーがお勧めです。
アミノ酸シャンプーは頭皮に優しいシャンプーである反面、洗浄力は弱くなっています。人によっては皮脂汚れが十分取れないと感じます。オイリーな地肌で汚れが取れてないと感じる場合は二度洗いでスッキリします。

1)育毛剤との違い
育毛シャンプーは頭皮ケアをして育毛をサポートします。汚れや皮脂を優しく取り除き、炎症やかぶれを防止することで毛穴詰まりを防止してくれます。育毛シャンプーだけで髪の毛が成長するわけではありません。
毛髪の成長は育毛剤の役割です。育毛剤には頭皮の血行促進、保湿をするタイプ。
男性ホルモンと還元酵素が結びついてできるDHT(ジヒドロテストステロン)の発生を抑制するタイプなどがあります。育毛剤の目的は「毛母細胞を活性化して毛髪を成長」させることです。血行を促進して毛根に栄養を届ける役割やDHTによって毛乳頭の働きが弱くなるのをブロックする働きをして育毛、発毛を促進します。


スタッフ体験レポート

人気の育毛剤を当サイトスタッフが徹底検証!体験レポートを紹介します。

体験レポートはコチラ