トップページ >  育毛の基礎知識 >  男性型脱毛症

男性型脱毛症について

男性型脱毛症は生え際、頭頂部の髪の毛が薄くなる症状です。
髪の毛が細くなり、頭皮が透けてきます。

男性型脱毛症の原因は男性ホルモンと5α還元酵素が結びついて発生するDHTにあると言われています。

DHTは毛乳頭で退行誘導因子を生成して髪の毛の成長を弱めてしまいます。通常なら2年から6年といわれる髪の毛の成長期が大幅に短くなり、抜け毛になってしまいます。

DHTを抑制するための育毛剤として有名なのは「フィナステリド」です。フィナステリドは男性ホルモンの働きを抑制することで抜け毛を抑えます。服用するタイプの育毛剤です。

前立腺肥大症の治療薬として使用されていましたが、服用した人の髪の毛が生えた事例が増えてきたために飲む育毛剤として開発されました。ただプロペシアは副作用の可能性があるので医師に相談して使用することをおすすめします。

最近では健康食品としてのサプリメントにも男性ホルモンを抑制する作用のあるタイプがります。「ノコギリヤシ」「亜鉛」などのサプリがを抜け毛を防止してくれます。

また育毛剤としては「オウゴンエキス」「ヒオウギエキス」などの植物由来エキスがDHT発生の原因になる還元酵素5αリダクターゼを阻害することで髪の脱毛を抑えてくれます。


スタッフ体験レポート

人気の育毛剤を当サイトスタッフが徹底検証!体験レポートを紹介します。

体験レポートはコチラ